ほんとうに頭のいい子を育てる クボタメソッド能力開発教室 名古屋教室

クボタメソッド能力開発教室 名古屋教室

TEL/FAX 052-581-5087

クボタメソッドとは

クボタメソッド能力開発教室は、脳科学研究の第一人者である久保田競博士と、カヨ子夫人、主婦の友社が、共同で開発した乳幼児の発達プログラムです。

脳を育てる8つのポイント

赤ちゃんクラス

親子のふれあいこそが、脳を育てる最良の刺激

生まれたての赤ちゃんにも、すでにある140億個の神経細胞があります。目、耳、皮膚などにタイミングよく刺激(働きかけ)を与えていくと、シナプスがつくられ、細胞間に情報を伝える回路がつながっていきます。
教室では、保護者のかたに、赤ちゃんの月齢と発達段階に合わせた適切な働きかけ方をお伝えします。赤ちゃん自身に何かを教えこむというような早期教育の場ではありません。

教室では、保護者のかたに、赤ちゃんの月齢と発達段階に合わせた適切な働きかけ方をお伝えします。赤ちゃん自身に何かを教えこむというような早期教育の場ではありません。

主な狙いとカリキュラム

「赤ちゃんクラス」では、前頭連合野が司る各分野にそって、以下5つのパートで働きかけを行なっています。各パートにはそれぞれ関連性があるので、働きかけの内容は多岐にわたります。

新・2才児クラス(満2才~)

幼稚園、小学校でリーダーシップのとれる子に

ひとりで歩けるようになり、ことばも話せるようになった2~3才。シナプスの増加はピークを迎えます。この時期にどれだけシナプスをふやせるかが、子どもの「頭のよさ」を決めるカギとなります
これからの日本を担う子どもたちに必要な「脳力」を最大限に伸ばすための、最新2才児育脳プログラム。「赤ちゃんクラス」とは異なり、教室は子どもたちだけでのレッスンとなります。

シナプスの増加がピークを迎える2~3才の時期にどれだけシナプスをふやせるかが、子どもの「頭のよさ」を決めるカギとなります。
教室は子どもたちだけでのレッスンとなり「脳力」を最大限に伸ばします。

主な狙いとカリキュラム

数学的センスを養う

1から100までを言えたり、足し算や引き算ができることは、数を概念で覚えさせているだけ。2才児の段階で重要なのは、数・量・時間を感覚としてつかむことです。
教室では、正立方形積み木やコインなどを使い、将来の数学的センスの基礎づくりをします。

伝える力をつける

2~3才は、語彙が飛躍的にふえ、会話する力がつく時期です。ことばを豊かにし、また正しい発音を身につけることは、コミュニケーションの基本。
レッスンでは発声・発語の練習を重視し、2才児クラスの修了時には、自分の言いたいことをきちんとことばで相手に伝えられる子になっていることが目標です。

手先の器用さをみがく

器用に手を使うことは、人間らしく行動することの始りです。手や指先がよく動くのは、脳の働きがよい証拠です。
えんぴつのワークは、将来文字をきれいに書くために、またカヨ子先生のオリジナル教材やはさみ、のりなど、たくさんの道具を使い、手指の動きを徹底的にトレーニングします。

クボタメソッド能力開発教室  名古屋教室

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26-10名駅ファーストビル8F
TEL/FAX 052-581-5087
©クボタメソッド能力開発教室 名古屋教室.